読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全文和訳は意味がない?

 

期テストでは高得点がとれるのに、

模試になると、全然ダメ…

 

こんな風に思ったことがありますよね?

 

 

故、そんなことが起こるのか?

 

それは簡単です。

 

学校の授業を受けているだけでは

長文読解はうまくならないからです。

 

 

自分で長文対策をする必要があります。

 

 

定期テストで高得点がとれるのは

教科書の文章については授業で習っているため、

内容がすでに頭の中に入っているからです。

 

 

 

しかし、模試では見たことのない文章を

初めて読むことになります。

その上、時間制限もあるため

じっくり読むことができません。

 

 

 

いつも予習で一文一文訳して、

授業で答え合わせをする。

 

そんな勉強をしていては

長文読解の能力をあげることはできません。

 

 

自分で長文対策をしないと

模試の点数も上がらず、

このままだと志望校に落ちてしまいます。

 

 

いまからでも間に合います。

 

 

文の対策をしっかりすれば、

模試の成績もぐんぐん上がります。

 

 

高校の授業では、

模試の長文読解の力をつけることができません。

 

 

 

ここで、私が実践した長文読解の

勉強法を一つ紹介します。

 

 

それは

 

「分からない単語は推測して読む」

 

ことです。

 

 

授業では辞書を使って、全文を和訳して

授業に臨むと思います。

 

その和訳を基に、内容を理解して

問題を解くことになります。

 

そうすると、大学受験や模試の問題を解く際、

知らない単語が出で来ると

一気に内容が分からなくなります。

 

 

普段から、分からない単語は

前後の文脈から推測して、

内容を理解する練習をしておくことで

実践的な勉強をすることができます。

 

 

 

どうせ予習しなければならないなら

より実践に近い形で

文章を読んだ方が

無駄なく受験対策ができます。

 

 

一度試してみてください。